入試分析から カレントの見据える世界

総括:最近の入試は

① 資料・グラフが非常に多い

② 問題が長い

➂ 論述:説明する問題‥自分の考えを説明する。

学校教育(小学校、中学校)の変化として、自分の考えを書かせる、発表させるが指導のトレンドです。

『言語化』という『軸』を持っているか?

たくさんのやらされ宿題・決められた日に塾に行き、決められた教科で動く。

このルールは否定しない。が『学校』だけで十分と思っています。

学校では子どもの『個性』は認める発言はしますが、行動に対しては制限をかけます。

(当たり前です:会社:就職という組織では必要:ルールを守る)

ただ、新型コロナウィルスや集中豪雨などの災害、紛争など多くの問題が出てくる中で

会社が個人を守る時代ではなく、自分で自分を創り、守る時代になったといえます。

つまり、『自分の考え』を持っているという人材の創出が現代のトレンドです。

成績も部活動も先生の言いうことを聞け!という時代は終わり、

成長するためにどうすべきか?を自分で考え、自分で行動する生徒の育成となっています。

カレントの指導がそれなんです。

時間がかかるんです。

でも、うちの子には『できない』で片づければ、

決められたことを

『ただ』するだけの塾に行けばいい!

それだけだけの話で、

自分は大手の学習塾で経験したこと

徹底的に決められたことだけをやらせれば

合格は出来る。

が・・・高校に入ったら、成長しないことが分かった!

だから

カレントを立ち上げました。

また、どこの塾も高校にいっても塾は必要だ!と声を上げます。

売上・利益を考えるのが塾なんで、高校に入っても塾が必要な生徒を創るんです。

で、高校に合格し、一度塾をやめたら、高校で思いっきり失敗した。

でも、危機感が少ないので、受験前から中学校と同じように頑張れば、大学には合格できる。

と安易に考えてしまい、大変な目にあいます。

かといって、塾に通っても映像指導なんで学校の課題と映像に追われて、ただの自習塾になってしまうんです。

高校で個別指導は絶対にやめたがいい。学費高いし、中学校よりも進度が早いので、週2回:80分でも無理です。

『自分で考える』『自分で行動する』

この言葉の重さを知ってもらえれば

ありがたいです。

自分で考え、自分で行動し、日々の勉強を大事にした上で、映像授業や個別指導を付加価値として通塾した

生徒が高校で成功します。

土台は『自分で考える』 ここをご家庭でも土台にしていくといいと思います。

でも、子どもが一生懸命出した『声』を否定すると逆に何も言わなくなりますし、『考える』ということをしなくなります。

成績が下がったら、やることはひとつ『勉強を量で考える』完全に昔の日本、戦後の日本に戻ります。

24時間戦えますか? リゲインのCMに戻り、さらに『叱る』という畳みかけを行ってしまいます。

でも、ご家庭もそうやって成長していきます。だから、お子さんとのけんかや叱咤は問題ありませんが、

その後にゆっくりと子どもの声を聴いてください。

でも、土台は『自分で考える』です。

塾にただ来る!ではなく、質問の準備! 塾でしかできないことをやる。

カレントは『塾にただ来る』時もありますが、『塾にただ来る』を経験させて、理解させる塾です。

決められたことをただする塾ではないことをご承知くださいね。

About the Author

Current Location 代表

Current Location代表の見野です。
25年間、大手ではないですが
塾の講師をしてきました。

『新しい教育の価値を創造する』

この言葉を第一にただ宿題が多い塾、学費だけが高い塾
人数が多くても一人一人を見ることができない塾からの
脱却を心に留めて指導しています。

本当に子どもを観る。言葉だけでなく、本物の塾を構築
すべく努力しています。

ただ教える塾ではなく
子どもの心に火をつける塾

それがカレント ロケーションです。

You may also like these