令和4年度:公立高校入試 分析

カレントの問題分析です。

国語:作文は『狂言』に興味を持ってもらうための案内ポスターをどのように改善すべきか?を考えさせる問題

→小6に『柿山伏』という作品がありますが、必ずこの作品を読んで自分の意見を書かせたり、発表させたりするので

『自分の意見』を常に考えさせるは大事ですね。

数学:着目は箱ひげ図です。

Aさん、Bさんの得点のデータからBさんが優れている理由を条件付きで説明する問題です。

新学習指導要領に新しく追加された内容の問題です。

社会:SDGsの問題 持続可能な開発目標に関する3つの資料から読み解く問題(新傾向)

理科:論述問題が増加、あと完答問題の増加

ひとつわかっても、もう一つが間違えば点数にはならないので

完答問題の増加は平均点を多少下げる結果につながると思う。

実験の手順など、基本的な問題も入れてはいるので平均は下がる予想ですが、大きくは下がりません。

すこし難しかった・・程度ではなかろうかと思います。

英語:大きな変化なし 

いつも通りの英語の活用能力です。リスニングでも自分の考えを書く問題もいつも通りでした。

まずは入試分析でした。

カレントの平均予想は

国語36、数学31、社会36、理科32、

英語34の合計169点です。

About the Author

Current Location 代表

Current Location代表の見野です。
25年間、大手ではないですが
塾の講師をしてきました。

『新しい教育の価値を創造する』

この言葉を第一にただ宿題が多い塾、学費だけが高い塾
人数が多くても一人一人を見ることができない塾からの
脱却を心に留めて指導しています。

本当に子どもを観る。言葉だけでなく、本物の塾を構築
すべく努力しています。

ただ教える塾ではなく
子どもの心に火をつける塾

それがカレント ロケーションです。

You may also like these