新しい科目

『探究』

2019年度の入学の高校1年生から、新しい科目に取り組むことに

学習指導要領の改訂によって

『総合的な学習の時間』⇒『総合的な探究の時間』に変更される。

うん? 言葉が変わっただけ?

学習が探究に変わるだけ?

この総合的な学習の時間は20年ほど前に誕生し、

社会の変化に対応できる

能力の育成を推進するために創られた背景がある。

つまり、既存の枠組みにとらわれない自由度の

高い時間で、各学校の創意工夫、特色ある教育

活動を行う時間であった。

指標としては『全国学力・学習状況調査』と思う。

小郡市でも小中学生の総評が配布されました。

(その結果は置いといて、悪くはない、普通です)

自由な創意工夫の時間も大事だが、

その中でも

『探究』という科目の概要は

① 自ら課題を見つけ

② 自ら学び

③ 自ら考え

④ 主体的に判断し、問題を解決する

資質の育成

⑤ その解決を協同的に取り組む(協同であっていますよ 笑)

⑥ 自己の生き方を考える

2009年度の学習指導要領の改訂で記述されている。

この探究的な学習に取り組んだ生徒の学習状況調査

において国語、算数の正答率が高かったという結果だった。

Currentに通われている保護者様は

上記を見て、Current Locationの方針に

似ていると思われたのでは?と思います。

学習指導要領を真似たのではない。

あくまでも私の考えが学習指導要領であっただけである 笑 

(例:私が誰か芸能人に似ているのではない、

芸能人が私に似ているんだ!という主張です)

Currentは

課題の設定・情報の収集・整理・分析・表現という部分で

この探究をもとに

新科目・新教育観である。

『探究』を提案していくことになる。

個人的には

教育の『探検』・・アドベンチャースタディともいえます。

Currentに通われている保護者の方には

11月より

『そろそろCurrentの本当の指導を展開します』と案内しました。

開校して半年は『ただの塾』をやってきました。

それでも、他塾よりも時間数は短く、自分で考え、自分で宿題を創る

時間割もない、主体的な塾を創ってきました。

おしえない塾ではない

自習だけの塾ではない

これが自分の答えの一部です。

ただし、3年生は時間がない。今までの叩き込みの指導で

間に合わせないといけない。

ハイブリッドで中3は合格を勝ち取りに行きますよ。

今も未来も大事にする塾

これがCurrent Locationです。

次回はこの探究のデータが大学受験や社会生活にどのように

効果があったのか?をお知らせします。 

About the Author

Current Location 代表

Current Location代表の見野です。
25年間、大手ではないですが
塾の講師をしてきました。

『新しい教育の価値を創造する』

この言葉を第一にただ宿題が多い塾、学費だけが高い塾
人数が多くても一人一人を見ることができない塾からの
脱却を心に留めて指導しています。

本当に子どもを観る。言葉だけでなく、本物の塾を構築
すべく努力しています。

ただ教える塾ではなく
子どもの心に火をつける塾

それがカレント ロケーションです。

You may also like these